大分県入り 一日目 宮崎県日向市、大分県佐伯港、道の駅「やよい」 

佐伯漁港では、午前6時頃競りが終わり、港の周りは静かなたたずまいである。

港の周りをあちこち走っていると、出荷作業をしている一隻の船を見つけた。

一生懸命出荷作業をしている。

責任者風の人に、「写真を撮らせて下さい」と言うと手でx印、だめである。

断られたからといって、そのまま引き下がるわけにもいかず、何かと、と思い

周辺をあちこち見て回っていると、荷揚げをしている作用台の所に隙間がある

のを見つけ、そこから撮影することに成功した。

荷揚げをしている船を見ると、喫水よりはるかに下に入り込んでいる。相当量

魚を積み込んでいる様子だ。

海を見ると、イケスのスカッパーから、海に流れ出たブリの鮮血で真っ赤に染まり、

広がって行っている。まさに「血の海だ!!」

3~4kgもあるブリが、発砲スチロールの容器に詰められ、大型トラックに次から次へと

積み込まれ、トラックの天井ぎりぎりまで積まれている。

もう少しで満杯状態である。

港を後に、近くに「金太郎」というラーメン屋があり入った。先客が一人いてテレビ

を見ながら台風11、12号のことで、店の主人と談義中。僕も加わって、

「11号は、東シナ海を北上するかもナー」

「そうかも・・・」とお客様

「どっから来た?」

種子島です」

種子島は行ったことがあるよ、モジャコ(ブリの稚魚)漁船に乗っている時、

熊野港にも行ったし、屋久島の宮之浦港にも行った」

種子島熊野港に入港する漁船の最北は、宮崎県の細島港だろうと思っていたが、まさか

大分県の佐伯から来ているとは、意外であった。

カーナビは、昨日は調子がよかったが今日はダメ。行きたい場所をインプットしても、

全く逆の方向を示したりである。

教えてもらった通り、ナビのメインスイッチを切って新しく立ち上げてもダメ。

こまったものだ。

道路標識を頼りに、国道217号線から国道10号へと繋ぎ、道の駅「やよい」に無事到着

。「やよい」の物産館はものすごい人出で賑わっている。

地元産の野菜、果物、海産物等が豊富で、価格が安い。車でごろごろして時間をつぶし

、夕方近く再度物産館に行ってみると、480円の弁当が380円になっていた。それを

買って今夜のダレヤメのおかずに。

夕方5時頃からダレヤメをやっていると、立派なキャンピングカーがやって来た。

僕のそばに停車したので、

「今晩は!」

「どっからですか?」

「鹿児島の霧島です。」

「あんたは?」

「僕は種子島です。」

「ええ!!」

「立派なキャンピングカーですねー」

「退職金?百万使って買った。今、家族で旅行中じゃが」

話の好きな人で、いつまでも喋っているようなタイプ、いろいろ家庭的ことまで語って

いた。

一緒に飲もうと言ったが、途中車を移動するかも知れないと言うから無理に勧めなかっ

た。その人が車に帰り、もう寝ようとしていたら、もう一人やって来た。

「今晩は!」

「どっから来た?」

種子島です」

「へえ!!」種子島からというと皆が驚く。

「どこかお勤めですか?」

「いや、この近くで農業をやっている。」

「使くに、鍾乳洞があるかから行ってみれば・・・」

「どこですか?」

「この道の駅を出て、すぐ右に行くと道路標識に書いてるからすぐわかるが」

「わかった明日行ってみる」

地元出身の方でわざわざ教えに来てくれたらしい。

ありがとうと言って別れた。