【寺山炭窯跡に行ってみた】

 

どもども。

ダイスケです。

本日わたくしは、鹿児島県鹿児島市吉野町にあ

る『寺山炭窯跡』に行きたいと思います。

みなさんは、寺山炭窯跡をご存じでしょうか?

寺山炭窯跡とは、集成館事業で用いられる木炭

を製造した石積み窯跡になります。

場所はこちら↓

f:id:daisodaisuki:20180812112742p:image

本日わたくしは相棒の単車(カブ)でこちらに

向かうことにしました。

寺山公園向けに単車を走らせると、山道沿いに

案内板が立っています。↓

 f:id:daisodaisuki:20180812112856j:image

とりあえず単車を停めよう。↓

f:id:daisodaisuki:20180812115355j:image

軽自動車一台くらいなら駐車出来そうな感じ

です。案内板を細かく読んでみました。↓

 f:id:daisodaisuki:20180812112908j:image

寺山自然遊歩道と呼ばれてるようです。

こちらの地図の青色に塗りつぶされた部分が自

然遊歩道みたいで、今わたくしが立っていると

ころが自然遊歩道入口のようです。

では、さっそく炭窯跡を見に行ってみましょう。↓

f:id:daisodaisuki:20180812112925j:image

夏場のせいか、蚊や小っちゃい虫が沢山たかっ

てきました。

蚊取り線香持参すればよかった・・・』

と後悔するわたし・・・

マイナスイオンタップリの山道が続きます。↓

f:id:daisodaisuki:20180812112940j:image

そんな森の中、マムシとか出てこないか心配し

ながらひたすら歩きました。↓

f:id:daisodaisuki:20180812112955j:image

10分程遊歩道を歩くと標識が現れました。↓

 f:id:daisodaisuki:20180812113043j:image

水源地の案内です。

少し先に進むと『水源地』現れました。

こちら↓

f:id:daisodaisuki:20180812113054j:image

なんて素敵な景観なんだ!

素敵な景色に癒されたわたくしは写真撮影を

済ませるとまた歩き始めました。

今度は、きれいに整備された竹林が↓

f:id:daisodaisuki:20180812113114j:image

これまた素敵な景観!

今の時代にこんなところがあったとは・・・

ちなみにこちらの竹林は鹿児島県民の皆様から

寄せられた「緑の募金」を活用して整備された

ております。

なぜ、わたくしが知っておりますかというと、

こちら↓

f:id:daisodaisuki:20180812113103j:image

『案内板』があったから・・・

素敵な竹林を抜けると、スタッフと思われる方

が二名いらしゃいました。↓

f:id:daisodaisuki:20180812113126j:image

『こんにちはー』と挨拶をすると、

『いらっしゃいませ、どちらからですか?』

と、おじさんが聞いてこられました。↓

f:id:daisodaisuki:20180812113143j:image

『ぼくは鹿児島県民ですよっ』と話をします

と、丁寧に炭窯跡の説明をしてくれました。

炭窯跡の説明をするおじさんの足元には蚊取り

線香がもくもくと焚かれてました。↓

f:id:daisodaisuki:20180812122206j:image

ほんと蚊が多くて・・・

史跡には、木炭(白炭)の製造方法について

書かれております。

f:id:daisodaisuki:20180812113211j:image

斉彬公が事業開発に熱心に取り組まれた方

ということがよく分かります。

そして、わたくしが今回見たかったのが

こちらの『寺山炭窯跡』です。↓

f:id:daisodaisuki:20180812113238j:image

なんて、素敵な窯跡なんでしょう!!

平成27年世界遺産に登録されました。

3基あった炭窯ですが、こちらの1基しか見つ

かっておりません!

あとの2基の建設場所は未だ分かっておりませ

ん。

歴史には不思議がつきものですね・・・

さすが、世界遺産!!

柵より中に入ることは出来ないみたいで、外か

ら写真撮影しました。

おじさんたちがいなかったら入ってたんだけど

なーー、

てのはジョーダンです。

今度は妻と子供も連れてくか・・・

きっと行かないって言うんだろなーー、

では、ここら辺で失礼いたします。

m(._.)m